子宮筋腫若年化

子宮筋腫若年化

子宮筋腫はありふれた病気?

子宮筋腫は成人女性で、月経がある年齢層に見つか

る場合がほとんどです。



一般には成人女性10人中2〜4人に子宮筋腫があるのではないかと考

えられており、またごく小さな筋腫まで詳しく調べれば、ほとんどの成

人女性に筋腫があるのではないかと言われています。

子宮筋腫はありふれた病気なのです。



近年、初経年齢が若年化している為、20歳前半の

女性にも筋腫の発見がみられます




筋腫に関わる症状が出るのは30代半ばくらいの事が多く、30〜50

代半ばまでが筋腫の症状発見世代といえるでしょう




若い女性の子宮筋腫の増加

最近、子宮筋腫が若い女性にも発見される例が増え

ていますが、この背景には性成熟の低年齢化ではないかと考えられてい

ます。



すなわち、体格の向上により初経年齢が早まっていることによって筋腫

が、できたり育ったりしていく環境が早い時期に整うといえます。



初経は、体重やからだの脂肪率がある量に達すると訪れると考えられて

います。


栄養の改善、ストレス(産業とともに発達してきた人工的な光や音、気

温、人との交わりなの様々な刺激が含まれる)、脂肪の過剰な摂取(皮

下脂肪では女性ホルモンがつくられる)などの環境が、初経年齢を早め

ていると考えられます。



このように、子宮筋腫が女性のおかれている現代の環境の一端をも反映

している可能性があります。


改善方法はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

14日間 子宮筋腫改善プログラム続木 和子

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。