子宮筋腫の知識

子宮筋腫の簡単知識



子宮筋腫の正しい知識を

大半の女性が持っていると言われている子宮筋腫

すが 症状はさまざまです。


30歳代から40歳代の女性に多く見られますが 20歳代でもないと

は限りません。油断は禁物です。


子宮筋腫
とは良性の腫瘍です。 ですから他の臓器に転移す

ることはありません。


筋腫は小さいものからかなり大きいものは 数十センチなるものまでさ

まざまです。


女性ホルモンがかかわっているのですが 卵巣から

分泌される女性ホルモンによって筋腫に発生増殖するのです。

ですから 大半の女性にあるものと考えた方がよいでしょう。


筋腫が小さいうちは何の症状もあらわれません。 ですから気付かない

うちに大きなるのです。


また小さいまま放っておいても症状がないので 小さいままだと人生に

関係なく過ごしていくのが通常です。



 子宮筋腫の症状としては


@生理の時出血がかなり多い

A生理痛に悩まされる 便秘 腰痛 下痢 下腹部の痛み

B生理でないのに出血がある

Cおりものがある

D失禁がある

などですが 現状はいかがですか?


子宮内膜症の場合も同じような症状がありますので

注意しなければなりません


あまりひどい場合 やはり検診を受けるのがよいでしょう。


症状によっては筋腫だけを取り除く方法 また 子宮全摘出ですが

投薬によって抑える方法もあります。

しかしながら 続木和子先生の子宮筋腫改善プログラムもありますので

一度お読みになり お試しされるのも良い方法です。

以下から ご覧ください

↓ ↓ ↓

  14日間 子宮筋腫改善プログラム続木 和子>
 

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。